敷居が低くなった個人輸入

モノがあふれる時代になり普通に店頭に並ぶような品物だけでなくより面白くより個性的な物を欲しがる人が多くなっている。それは特に雑貨好きな若い女性もそうだが専門的な商品などで言えば男性もこだわりが強い。男性の中には日本製の精力剤を通販サイトで購入するだけではなく海外製の精力剤を求めるケースも増えてきている。

個人輸入がオススメ

そのような時に日本では、ハンズやロ●トのように値段は決して安くないが品揃えやより面白いものを並べているお店にて買うことがある。包丁だけを取り上げても家庭用からプロ用まで非常にたくさん並ぶ。プロ用と言っても多種多様であり和食用、洋食用、さらに言えば魚専用、肉専用など多岐に渡る。材質もこだわりがあり錆びずに使えるステンレス製や軽い日本伝統の刀と同様なつくり方をするものから千差万別である。私は以前そば切り庖丁を買った事があるが年末の蕎麦打ちの際に重宝した。そんな人気のお店での品揃えも消費者の中には逆にココに無いものを欲しがる人たちも多い。
そういう人には個人輸入がオススメである。

敷居が低くなった個人輸入

個人輸入と言えば少々敷居が高く思われがちだが実はそうでも無い。インターネットが普及しホームページ等のWEB環境も充実している所から世界各地のお店に瞬時に行ったかのような錯覚を起こすほど身近に買えるようになった。最近では、フェイスブック・ツイッター等のSNSを活用すれば実際に商品を使った人の声も簡単に聞くことが出来るので買う側からすれば初めて使う側も安心して失敗しないように選ぶ事が出来る。
必要なモノと言えばパソコンやスマートフォン等のデバイスが絶対である。以前ではパソコンが絶対であったがここ数年でよりWEBへの接続方法としてスマートフォンやタブレット等の持ち運びが出来て移動中や友人等と一緒に選ぶ等、様々なシーンが想像出来る。次に必要物と言えば決済手段である。代表的なのはクレジットカードである。VISAやマスターなど世界標準のクレジットカードを用意したい所である。JCBやアメリカンエクスプレス(通称:アメックス)については日本では良く目にするが海外では使えないところも多々あるので気を付けたい所である。
ただ、クレジットカードをいきなり初めてのサイトに入力するのに躊躇してしまう…と言う人もいるだろう。そういう人にはペイパルをオススメする。これはクレジットカードの情報を相手方には一切に伝える事なく決済が出来るので安心である。似たような決済で言えば中国を中心に普及しているアリペイ(alipay)がある。どちらも共通している事は第3者が決済を保証するものである。消費者とすればクレジット番号が悪用される心配があり、お店側からすればカードを悪用したチャージバックの心配がある。いずれの心配を第3者が仲介するサービスである。
アトは、言語の問題であるが今では翻訳サイトもあるので結構簡単にモノが進む。